あめねこにっき

できればほぼ日がいいな。やりたいことはいっぱいだけど技量が足りない今日この頃。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ごめんなさい でも大好きなんです

Tさんがたまごのイメージにあててくれた曲、私の大好きな曲でした。
おかげでDJMAXもっかい始めたり…「風にお願い」ずっとようつべで流してます。

今泣きそうです。なんだあの曲良すぎる。ラストぐっとくる…
そしたらたまごになんか新設定できたよくそー!
宿題と課題があるけどそっちほったらかしでごめんなさいorz
でも今書かなきゃ駄目な気がする…!追記からぽん!

たまごは昔地上に降りた時にとある人に恋をしました。
何が良かったとかそういうものは特に無く、ただその人の纏う空気が好きになりました。
その人が困っていたので対象としてたまごはその人を助けました。
そしてその人の笑顔を貰ったんですが、そのあまりにも綺麗な笑顔が大好きになりました。
その後も地上に降りる度にその人にたまごは会いに行きましたが、ある日それが神様にばれてこっぴどく叱られ、籠の中に幽閉されてしまいます。
天使の決まりは「一度助けた人に二度と会ってはいけない」ことです。
その人が天使の力に頼ってはいけないようにするための大切な掟です。
たまごはそれを知りつつずっとその人に会っていました。幽閉されてる間も籠の中でずっとその人を想っていました。
ある日ようやく籠から出されたたまごはまた地上に仕事に向かいました。
そしてどうしても自分を止められず、その人に会いに行きました。
しかし天界と地上の時間の流れは違います。たまごが1年籠の中に閉じ込められている間、地上では5年の歳月が流れていました。
もちろんその人はたまごのことをすっかり忘れていました。でもたまごはその人に会いました。
相手がこちらのことを忘れているのは気付いていました。
でも、それでもたまごは会いたかったのです。

「私は…天使失格ですね。まったく、困りましたです」

そして、抑えられない涙をどうしようもすることができず、笑いました。





なんだろこれ…書いててどうしようかと思ったよ…
天使は人を愛しているけど、天使は人とは過ごせないんだ。
こんなに悲しい思いをしなくちゃいけないなら、いっそ天使をやめたい。
それでも、神様が許さない限り、たまごはずっと人々の笑顔の為に行きます。
それが彼女を繋ぐ“鎖”であり、彼女の“誇り”です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。